朝日酒造が造り出す最上の日本酒『継(つぐ)』

この度ご紹介するお酒は、日本国内でも最上位に位置する価格帯の日本酒になると思います。
久保田で有名な朝日酒造が造り出す最上の日本酒、 蔵元の地元にある恵みと高度な技術を注ぎ込んだ極上のお酒です。
越路の大地が磨き抜いた仕込み水と越路の気候が育んだ越淡麗、 自然を愛し酒造りとともに生きてきた酒の里としての文化と歴史。
酒の里越路が積み重ねた最高の瞬間と、朝日酒造が誇る技術のすべてを注ぎ込むことで生まれた、"淡麗"を極めた純米大吟醸です。
d0123082_18142859.jpg


継-TSUGU- 純米大吟醸 720ml 43,200円(税込み)


~こだわり~

  • 原料米の選別からはじまり、各工程における"いいところどり"の掛け算
  • 通常の製造方法では実現しきれなかった鮮度を追求
  • それを実現するために、既存の製造工程を細分化して見直し、進化を実現

1.原料米について

  • 新潟でしか栽培されていない「越淡麗(こしたんれい)」を使用
  • 生産者を限定した完全契約栽培

2.精米方法について

  • 原形精米:通常の2倍の時間をかけて玄米の形のまま磨いていく精米方法を実現。(※)

3.仕込み方法について

  • 目指す酒質を実現するために、自社開発の酵母を使用。(※)

4.上槽(じょうそう)について -お酒を搾る作業-

  • もろみを優しく搾ることで味の良い部分だけ残す。

5.火入れについて -熱処理-

  • 急加熱と急冷却を一回のみ実施することで、変性を抑えフレッシュな状態を維持。

6.貯蔵について

  • 一本ずつビン貯蔵、貯蔵期間6ヶ月以上を維持。
  • 出荷まで毎月理化学分析及び官能評価を実施。

※朝日酒造の蔵人が研究を行い、学術論文として投稿した実績(裏付け)があるそうです。

d0123082_18161577.jpg
先行して空港内の店舗などで販売されていたとの話を聞いており、2017年春より国内正式販売が決定したそうです。
久保田の銘柄で全国的に知られている朝日酒造が持つ酒造りの技術を結集して造られたこのお酒は、 初回限定2500本ということで、当店にもわずかに入荷しましたが完売しております。

お好みのお酒を探してみませんか♪新たな発見が見つかるかも!ご来店お待ちしております♥



[PR]
by beanshop | 2017-06-29 19:53